志望動機の具体的なポイント

履歴書の志望動機の欄にどんなことを書けばいいのか困る人は多いのではないでしょうか?そこで働きたいという意志はあっても、それを丁寧な表現にしようとして難しくしているのです。一般的にアルバイトを希望する人で学生の立場なら、「社会勉強のため」と記入する人が多くいます。これはこれで間違いではありませんが、あまりにもありきたりな表現で本音が見えてきません。若い人でもアルバイトをする本当の目的はお小遣い稼ぎであったり、生活費や学校の交通費などに充てるという人もいるでしょう。いわゆる収入が目的で多くの人が働いているので、それを素直に記入することで信用度も上がってきます。お小遣い稼ぎであれば、旅行などの趣味といった具体的なことを記入しておくと尚いいでしょう。

他には、その職種を選んだことに対する思いも伝えるようにします。例えば、「もともと人と関わるのが好きだったから接客業を選んだ」とか、「手先が器用なので調理を選んだ」などと、自分の得意な分野をアピールしておくのもポイントです。また、自宅からの距離が近かったり、便利な交通機関があるので通いやすいということも素直な理由です。こういった理由は恥ずかしいことではなく、特に学生であったり掛け持ちしている人などは、学業やメインの仕事に支障が出ないように通勤距離が短いことを選ぶのは普通です。そして女性であれば、難なく自宅から行き来できることを採用側も気にするところなので、自宅から近いというだけでなく、理由もきちんと記入しておきましょう。あとは、面接時にこの志望動機について質問を受ける可能性もあるので、具体的に答えられるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.