自分らしく自分の言葉で

アルバイトに応募する際、もっとも考えるのに苦労するのが志望動機ではないでしょうか。履歴書の他の欄はすらすらと埋めることができても、志望動機の欄だけは最後まで空欄になっている方は多いでしょう。志望するに至った理由をそのまま文章にするだけなのに、どういう訳かペンが止まってしまうという人はたくさんいます。正直に言いすぎるとマイナスの印象を与えてしまって、面接のときに不利になると思ってはいませんか。「お金が欲しいから応募しました」というのも、立派な動機になります。

その他にも、たくさんある求人の中から、その案件を選んだ理由が何かありませんか。友人からの勧めであったり、経験を活かせそうだったり、今のタイミングでいちばん時給が高かったなど、少しでもあるのならそれらを正直に文章にすれば、あなたの熱意はきっと面接官に伝わります。上手に書こうとすると、言いたいことが伝わりにくくなってしまい、せっかくの熱意が空回りという事態にもになりかねません。「とにかくお金が欲しい!」という動機でも、何のために欲しいのかという理由を付ければ、「この人なら長期で雇っても頑張ってくれそう」と好印象を与えることもできます。自分に素直になって考えれば、履歴書の志望動機の欄に苦労することはありません。変に嘘をついてしまうと、採用されても働きにくい職場になってしまいます。アルバイトでも長く働きたい職場なら、いつも通りの自分で面接に臨みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.