頭を悩ませる志望動機

アルバイトに応募する場合でも志望動機を尋ねられる事がありますので、きちんと答えられるようにある程度は考えをまとめておく事が大切です。志望動機の内容に悩んでしまう事もあるかもしれませんが、基本的な内容としては、なぜそのアルバイトが良かったのかが雇用者に伝わる事が大切です。「前から興味がある仕事だった」、「以前に経験があり、その経験を活かせると思った」などなど、応募に至った理由を伝える事で相手を納得させる事ができますし、やる気のアピールにもなるでしょう。

アルバイトの面接ではそこまで掘り下げて志望動機を聞かれるような事も少ない為、濃い内容にする必要はありませんが、ただ応募者が募集定員以上に集まっていると動機が弱いのはハンデになってしまうかもしれません。その為、人気の仕事の場合はもう少し工夫のある内容にした方が良いでしょう。例えば自分の持っている強みを絡めて話してみるのも、一つのテクニックになります。要はアピールポイントと呼べる部分を伝えるのですが、強みを付け加えてみる事によって相手に自分の魅力を感じさせられる事があります。強みを伝える際は、仕事に関連がある内容であるのが基本です。その為、どのような仕事なのかをよく理解し、どのような強みがあると役立つのかを理解しておく必要があります。そして自分自身の持っている強みを知る為にも自己分析を行い、「こんなところがこの仕事に役立ちそう」というポイントを整理してみましょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.