熱意を伝えるために

一時的に働く事になるアルバイトの場合だろうと、雇う側からすれば熱意のある人材を採用したいものです。その為、応募する人間も熱意が伝わるような志望動機を伝える事が大切と言えます。ではどのような内容が良いのかという事ですが、まず、なぜその仕事を選んだのかを明確に伝える事です。数多くある人材募集情報の中からその求人を選んだ理由が必ずあるはずですが、その理由は募集側も知りたいと考えている事でもありますので、明確に伝える事を意識した方が良いでしょう。ただ時には、時給が良かった、家から近いといった理由で選ぶ事もあると思いますが、素直にそのような気持ちを伝えるのはあまり良しとされていません。本音と建前はやはり分けて考えなければならない部分もありますので、たとえ高時給のみに惹かれた場合でも、やりがいを感じられたなど時給だけが目当てではないという気持ちを見せる事が大切です。

より上手に熱意を伝える為には、もう一歩踏み込んだ内容にするのもポイントと言えます。例えば、志望動機でやりがいを感じたと伝えるのは誰でも言う事ができます。アルバイトの面接ならそれでも十分だったりする事もありますが、しかしながら熱意という点ではいま一つ不足するものです。そこであともう一歩踏み込む為にも、自分自身の強みと業務内容を絡めて話すのがおすすめです。たとえば接客のアルバイトに応募する時なら、人との会話が得意だから接客も上手くできるなど、強みと業務内容を絡める事で働きたいという気持ちも相手に伝わり易くなり、採用の可能性も高まるのではないでしょうか。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.